PROFILE

柴田 敦子

「クローゼットが洋服であふれているのに着るものがない!」

家事に仕事に忙しい40代女性に向けて、毎日がおしゃれで楽になる!クローゼットを提案する、

パーソナルクローゼットオーガナイザーの柴田敦子です。

骨格スタイル分析で似合う洋服をご提案し、ライフオーガナイズ の片づけ技術と、販売員時代に身につけたコーディネートのテクニックを使って、クローゼットを整えるお手伝いをしています。

愛知県出身。現在は石川県金沢市在住。

幼稚園の頃から母が選ぶ洋服に不満を漏らし、小学生になると大人の店で洋服を欲しがる。

中学生になると、延々と全身鏡の前でコーディネートをしている。そんな子供でした。

就活では、憧れだった洋服、マーガレット・ハウエルを扱うアパレルメーカーに二次募集でなんとか入社。

超就職氷河期世代の41歳です。

マーガレット・ハウエルでは、地方店ゆえ1年目で副店長を任され、3年目で当時最年少店長に。

ディスプレーを学び、お客様との程よい距離感を体得し、社内で最優秀店舗賞、最優秀販売員賞を受賞。

7年間でのべ3万人以上のコーディネートを提案し、当時フロアで最も顧客率の高いショップとなる。

2007年、出産を機に退職。2011年より夫の仕事の都合でアメリカへ。

当時1歳と3歳の息子2人を合わせた家族4人の荷物はトランク3つのみ。

最初の数ヶ月は洋服10枚ほどを着回し、アイテムを厳選すれば、少ない洋服で十分に生活できることを知りました。

それ以降、数百枚あった洋服はほとんど手放し、クローゼットが整うと気持ちに余裕ができることを実感。

2015年に帰国後、住空間だけでなく時間や人生の片づけもできるライフオーガナイザー®︎の資格を取得。

続けてクローゼットオーガナイザー、ジュニア・骨格スタイルアドバイザー®︎の資格を取得。

クローゼット整理は人生の棚卸し。

クローゼットが整うと人生が整う!

毎日がおしゃれで楽になる!クローゼットをご提案し、

家事に仕事に忙しい40代女性の幸せをサポートしたいと思っています。

プライベートでは、休日は野球少年の母として、お弁当作り、お茶当番にアナウンスの担当を奮闘中。

出産後の引越し回数は7回。

定住はしないと思っていたのに、2019年5月金沢市にスウェーデンハウスで家事が楽になる家を建築。

しばらくは金沢で定住予定です。

持ち物は少なめのミニマリスト気味。

業務用、アンティーク、職人技のモノが好き。

余白、スキマが大好きです。

新しい何かが入ってくるスペースをちょっと空けておきたい。

「余白のある毎日」を過ごすのがモットーです。